ラモトリギンを主成分として製造されている「ラメズ」という商品をご存知でしょうか。これは有名なてんかん治療薬ラミクタールと同じ成分で作られているジェネリック医薬品です。効果が同じでありながら低価格の「ラメズ」をぜひ利用してみてはいかがですか?

ラメズ25mg、50mgと気分爽快な男性の写真

てんかんの原因とその治療費について

てんかんは脳内にある神経細胞が何らかの起因によって異常な電気的興奮が発生し、それが脳全体に伝わることで意識障害やけいれんといった発作を起こしてしまう病気で、それを繰り返してしまいます。
発作の種類としては大きく2つあり、ひとつは欠神発作と言われるもので数秒から数十秒意識を失う発作を起こし、そしてまた元に戻ります。中には倒れてしまう場合もあります。
もうひとつは全身けいれんと言われる症状で、全身が硬直してつっぱったようになり意識を失います。そしてガクガクと体が震えてしまうようなけいれんを起こしてしまい、意識が戻ってももうろうとした状態で俳諧などしてしまいます。
てんかんの患者数としては500人から1000人に2、3人といわれておりそれほど珍しい病気ではなく、比較的多いとも言えます。
ただその多くは乳幼児期に発症することが多いのです。成人になってから発症することもあり、高齢者になるとまたその数が増える傾向にあります。
このてんかんの原因としてはまず脳への障害があります。それは脳炎や脳梗塞、脳出血、低酸素や脳への外傷が原因となっていることが多いのです。しかしなかには原因がわからないてんかんもあります。
まずこのような症状が現われた場合は病院へ行くことです。治療の方法としては主に薬が中心となります。薬の内容や量については医師が判断するため、患者は発作の内容やその頻度を正しく伝える必要があります。
乳幼児期のてんかんは成長すると治ることもありますが、基本的に治療は長引きます。
治療費については健康保険にて治療を続けることは可能です。また治療費に関する制度もいくつかあり治療費の一部助成を受けることができる制度もあり利用するといいでしょう。