ラモトリギンを主成分として製造されている「ラメズ」という商品をご存知でしょうか。これは有名なてんかん治療薬ラミクタールと同じ成分で作られているジェネリック医薬品です。効果が同じでありながら低価格の「ラメズ」をぜひ利用してみてはいかがですか?

ラメズ25mg、50mgと気分爽快な男性の写真

てんかんという病気で用いられる食事療法

てんかんという病気は、脳の神経細胞がなんらかの原因で過剰に興奮してしまうことなどによって、意識がなくなってしまったり、手足の筋肉が意図せずに動いてしまったりするものです。てんかんとはいってもさまざまな種類に分かれるため、かならずしも治療が難しいものばかりではなく、適切な医薬品を服用することによって、発作をかなりの確率で抑制することができるものや、年齢を重ねるとひとりでに治ってしまうようなものまであります。
てんかんという病気の症状改善を図るうえでは、医薬品の投与という手段のほかに、ある種の食事療法も効果があることが明らかとなっており、特に小児の難治性てんかんに適応するものとして注目されています。そのような食事療法の代表例としては、ケトン食療法とよばれるものが知られています。
ケトン食というのは、食事のなかに含まれる糖分や炭水化物の量を減らして、逆に脂肪分を増やした食事のことをいいます。ケトン食を一定の期間摂取しつづけることによって、通常であれば体のエネルギー源となるはずの糖分や炭水化物にかわって、脂肪分から分解されたケトン体とよばれる成分がエネルギー源として使われるようになります。このような体質の変化によって、てんかんという病気の症状が改善され、発作の回数も半分近くに減るという効果が期待されます。
ケトン食は、基本的には通常の食事とくらべると、栄養素がいちじるしく偏っているということがいえますので、副作用的な症状として、体がだるくなったり、吐き気や下痢、便秘などがみられたりすることがあります。てんかんの病気をもつ人すべてに食事療法が必要というわけではなく、副作用に注意しながら、医師や栄養士の指導のもとで、適応性のある人にのみ慎重に行うのがベストといえます。